トリガーポイント研究会

Q&A(KTP専門家向け)

「トリガーポイントアプローチ」(医道の日本社)に大腰筋を腹部から刺針するように書かれていますが、危険はないでしょうか?
危険です。出版後、数年内に改められました。現在は背部から肋骨突起の間を ぬって刺鍼しています。細かい技法は黒岩の講演などでご確認ください。
他に黒岩先生の講習はある?
セミナー案内の一般対象セミナーをご覧ください。リンクはコチラです。
トリガーポイント療法を学ぶに当たり、参考になる書籍はありますか?
当サイト内で、参考図書と黒岩の著書の紹介をしております。リンクはコチラです。
黒岩先生の治療を見学できる?
前期(4月~9月)は木曜の午後、後期は月曜、木曜の午後、臨床を担当していま す。臨床見学の制度を利用して見学してください。
事前に関西医療大学附属診療所の鍼灸受付(072-453-5801)に申し込みが必要です。